京都市山科区で皮膚科、アレルギー科、医療脱毛、しわ・たるみなら『うちやま皮ふ科クリニック』へ。にきび、湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎、美容診療などお子様からあらゆる年齢の方まで幅広い世代に対応いたします。

イボ・水イボ

イボ・水イボ

verruca・molluscum

イボ、水イボとは

皮膚の一部が部分的に増殖変化して、盛り上がったもの全般を「イボ」と表現します。ウイルス性で感染するものや、非感染性のもの(加齢性や紫外線、物理的な刺激)があります。水イボは、正式には伝染性軟属腫というウイルス性のイボです。

原因

(1)ウイルス性
  • 尋常性疣贅、扁平疣贅、糸状疣贅など
    パピローマウイルスの感染によるもので、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれます。ウイルスが手足などの小さな傷口から侵入して発症します。
  • 水イボ(伝染性軟属腫)
    ポックスウイルスが感染することでイボができます。夏に流行することが多く、幼児から小学校低学年の子供が感染しやすい病気ですが、免疫力が低下している大人にも感染することがあります。
(2)非感染性
  • 老人性イボ(脂漏性角化症)
    わずかにもりあがったシミで褐色から黒色調のできものです。早ければ30歳代ぐらいから、顔面、頭部、前胸部、上背部などの日光露出部によくみられます。80歳以上ではほぼ全員にあり、皮膚の老化現象の一つとされています。
  • スキンタッグ(アクロコルドン・軟性線維腫)
    主に頸部や腋窩など皮膚が柔らかい所に出来る、肌色~褐色の小さいイボです。

治療

(1)ウイルス性
  • 尋常性疣贅、扁平疣贅、糸状疣贅など
    液体窒素(-196℃)による凍結療法やハトムギのエキスであるヨクイニンの内服を行います。
  • 水イボ(伝染性軟属腫)
    自然に治るのを待つこともありますが、拡大する場合もあります。治療する場合は、ピンセットで一つ一つ摘除していきます。痛みに対して、麻酔のテープを用いることもあります。
(2)非感染性

液体窒素(-196℃)による凍結療法が基本となります。

お問い合わせ・医療脱毛予約・美容診療予約

075-748-8222
診療時間
 9:30~12:30
16:30~19:00

…火曜日午後の診療は予約のみ

休診日木曜・土曜午後・日曜・祝日

MAP

山科消防署 北隣

〒607-8341 京都府京都市山科区西野今屋敷町26番地7

  • JR東海道線・京都市営地下鉄東西線『山科』駅から徒歩約12分
  • 京阪京津線『京阪山科』駅から徒歩約12分
  • 京阪バス山科循環線くるり山科『今屋敷公園』から東へ約120m(徒歩約2分)
  • 京阪バス『山科団地』から北へ約100m(徒歩約1分)
  • 車でお越しの方へ
  • クリニック敷地内に駐車場3台完備
  • クリニック駐車場に空きがない場合は提携駐車場(Pドライブ厨子奥若林町)をご利用ください。
  • 提携駐車場をご利用の際は駐車券をご提示ください。1時間分の優待チケットを発券させていただきます。
クリニック駐車場地図
PAGETOP
Copyright © 2022 うちやま皮ふ科クリニック All Rights Reserved.