京都市山科区で皮膚科、アレルギー科、医療脱毛、しわ・たるみなら『うちやま皮ふ科クリニック』へ。にきび、湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎、美容診療などお子様からあらゆる年齢の方まで幅広い世代に対応いたします。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

atopic dermatitis

アトピー性皮膚炎とは

かゆみを伴う湿疹が体の様々な場所にみられる病気です。皮膚のバリア機能の低下があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか治らないこと(慢性化)が特徴です。

原因

「皮膚のバリア機能の低下」

バリア機能の低下は、アレルギーを起こす物質が容易に皮膚の中まで侵入しやすく、複数のアレルギーを獲得することになります。バリア機能の低下は遺伝の要素もありますが、皮膚を引っかいたりする物理的な刺激や、汗、石鹸、化粧品、紫外線などによっても低下します。

「アトピー素因」

アトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどの方がご家族にいる場合、遺伝的にその体質を受け継ぐことがあります。このような体質のことをアトピー素因と呼びます。素因に関連して、汗やハウスダスト、ダニ、花粉、食物などに対するアレルギー、またストレスなども悪化因子と言われています。

検査

アレルギー体質の方も多くみられます。ダニ、ホコリ、花粉、ペットなど複数のアレルギーを持たれている方も多く、自身がどのアレルギーを持っているかの把握も必要です。

また定期的なアトピー性皮膚炎の重症度(病気の勢い)を示す数値(TARC)の測定も重要です。

治療

  • 悪化要因(アレルギー、皮膚へ刺激、心理的要因)の除去
  • 保湿剤などのスキンケア
  • 外用薬:ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬(プロトピック®)及び20年ぶりにアトピー性皮膚炎の外用薬として2020年6月発売されたJAK阻害薬(コレクチム®)を用いて炎症を抑え、これに保湿剤を組合せます。
  • 内服薬:主に抗アレルギー薬を用います。最近ではJAK阻害薬の内服薬もでてきています。
  • 注射薬:難治性で一定の条件を満たした場合は、生物学的製剤(デュピクセント®)の適応となる場合もあります。

お問い合わせ・医療脱毛予約・美容診療予約

075-748-8222
診療時間
 9:30~12:30
16:30~19:00

…火曜日午後の診療は予約のみ

休診日木曜・土曜午後・日曜・祝日

MAP

山科消防署 北隣

〒607-8341 京都府京都市山科区西野今屋敷町26番地7

  • JR東海道線・京都市営地下鉄東西線『山科』駅から徒歩約12分
  • 京阪京津線『京阪山科』駅から徒歩約12分
  • 京阪バス山科循環線くるり山科『今屋敷公園』から東へ約120m(徒歩約2分)
  • 京阪バス『山科団地』から北へ約100m(徒歩約1分)
  • 車でお越しの方へ
  • クリニック敷地内に駐車場3台完備
  • クリニック駐車場に空きがない場合は提携駐車場(Pドライブ厨子奥若林町)をご利用ください。
  • 提携駐車場をご利用の際は駐車券をご提示ください。1時間分の優待チケットを発券させていただきます。
クリニック駐車場地図
PAGETOP
Copyright © 2022 うちやま皮ふ科クリニック All Rights Reserved.