京都市山科区で皮膚科、アレルギー科、医療脱毛、しわ・たるみなら『うちやま皮ふ科クリニック』へ。にきび、湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎、美容診療などお子様からあらゆる年齢の方まで幅広い世代に対応いたします。

乾癬

乾癬

psoriasis

乾癬とは

銀白色の鱗屑(皮膚の粉)をともなう盛り上がった紅斑が全身に出ます。機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿伸側などによくみられます。爪の変形や関節炎を伴うこともあります(関節症性乾癬)。日本での患者数は50~60万人(人口1,000人あたり4~5人)と推計され増加傾向にあるとされています。男女比は約2:1で、発症年齢の平均は38.5歳ですがどの全年齢層に発症します。

原因

遺伝的素因もあると言われますが、環境因子(不規則な生活や食事、ストレス、肥満、メタボリック症候群、感染症、特殊な薬剤など)が加わると発症しやすいと言われています。

治療

治療方法は主に外用薬、内服薬、注射薬があります。

外用薬

炎症を抑えるステロイド外用薬と皮膚の細胞が過剰に作られることを抑えるビタミンD3外用薬の2つが用いられます。単独もしくは組み合わせて使われます。2つの成分を配合して、1つになった塗り薬も使われています。

内服薬

免疫にかかわる細胞に存在する酵素の働きを抑え、過剰に発現している炎症を起こす物質の生産を抑える働きがあるPDE4阻害薬などが用いられます。

注射薬

一般的な治療で効果が不十分な場合、生物学的製剤が用いられます。生物学的製剤は、乾癬の症状が出ている部位に大量に出ている、炎症にかかわるたんぱく質(サイトカイン)の働きをピンポイントで抑えて症状を改善します。この治療法が必要な場合は、治療可能な医療機関にご紹介させて頂きます。

お問い合わせ・医療脱毛予約・美容診療予約

075-748-8222
診療時間
 9:30~12:30
16:30~19:00

…火曜日午後の診療は予約のみ

休診日木曜・土曜午後・日曜・祝日

MAP

山科消防署 北隣

〒607-8341 京都府京都市山科区西野今屋敷町26番地7

  • JR東海道線・京都市営地下鉄東西線『山科』駅から徒歩約12分
  • 京阪京津線『京阪山科』駅から徒歩約12分
  • 京阪バス山科循環線くるり山科『今屋敷公園』から東へ約120m(徒歩約2分)
  • 京阪バス『山科団地』から北へ約100m(徒歩約1分)
  • 車でお越しの方へ
  • クリニック敷地内に駐車場3台完備
  • クリニック駐車場に空きがない場合は提携駐車場(Pドライブ厨子奥若林町)をご利用ください。
  • 提携駐車場をご利用の際は駐車券をご提示ください。1時間分の優待チケットを発券させていただきます。
クリニック駐車場地図
PAGETOP
Copyright © 2022 うちやま皮ふ科クリニック All Rights Reserved.